無酸素運動で基礎代謝アップ

無酸素運動とは、瞬発的に筋力を使う運動のことを指します。
例えば「ダンベル運動」や「短距離走」などがその一例として挙げられます。無酸素運動は筋力を鍛えるのに最適な運動方法です。
ここでは基礎代謝アップのための無酸素運動についてご紹介します。



無酸素運動で筋力をアップさせる

ダイエットには「有酸素運動」を行うのが効果的とされていますが、基礎代謝のアップによるダイエット法という観点からすると、「無酸素運動」も効果的なんです。
無酸素運動とは、ダンベルや短距離走など主に筋肉を使う運動で、瞬発的に筋肉を使う際に必要になる筋肉を鍛えます。

無酸素運動で筋力を鍛えると、その分基礎代謝がアップします。
これは、筋肉は存在しているだけでカロリーを消費しているからで、人間の基礎代謝の3-4割は筋肉によるエネルギーの消費によるものとされています。
筋肉質の方がやせやすいというのは実はこうした筋肉に維持によるカロリーの消費というエネルギー消費が原因となっているわけです。

 

 

無酸素運動を行う場合の注意点

筋肉は痛めつけることで、タンパク質などの材料を基にして再生しようとします。そして、その再生の際、傷つく前よりも大きく回復するのです。これを「超回復」と呼びます。
そして、時間をかけてもとの水準に戻ろうとします。筋力をアップさせるには、常に筋肉を傷つけて超回復状態を保つ必要があります。

この一連の流れおいて「すぐにつけた筋肉はすぐ元に戻る」という特徴があります。
例えば、1年かけて50%筋肉量を増加させた場合、筋肉は元の水準に戻るために1年かけて衰えていきます。(その間運動をしなかったと仮定します)
しかし1週間で50%の筋肉量をアップさせた場合、同じように1週間で元の水準に戻ってしまうのです。
つまり、無酸素運動を取り入れることによってダイエット効果を狙う場合は、できるだけゆっくりと時間をかけて筋肉をつける、ということを意識することが最大のポイントです。

 

 

無酸素運動を用いたエクササイズ

一般的な無酸素運動としては、ダンベル運動や短距離走などがあります。
その他にも、腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットなど器具やお金もかけないでできるエクセサイズがほとんどです。

筋力アップも一部の筋力をアップさせるというよりも全体的に鍛えたほうが良いですので、1週間のメニューを決めておいて、週に1回~2回(多くても3回程度)実行するようにしましょう。
また、筋肉量が増えてきたら、腕立て伏せなどの回数を増やして負荷をあげるようにしましょう。

 

 

ダイエット食品

ダイエット食品人気ランキング

1位:マイクロダイエット  (詳細ページへ)
2位:豆乳クッキー      (詳細ページへ
3位:オルビスプチシェイク      (詳細ページへ

人気第1位はマイクロダイエットでした!
一日三食のうち、一食か二食をこのマイクロダイエットに置き換えるダイエット方法。低カロリーなのに、体に必要な約50種類もの栄養素を含んでるので、健康的にダイエットできるんです♪

ダイエットグッズ

ダイエットグッズ人気ランキング

1位:ファイブシリミングショーツ  (詳細ページへ
2位:セルライトローラー      (詳細ページへ)
3位:セルライトタオル     (詳細ページへ)

ダイエットグッズでの1位はファイブスリミングショーツ。
女優やモデルのパーソナルトレーナーを務める「micaco(ミカコ)」さんがプロデュースしたこともあり、多くのメディアでも取り上げられているので、名前を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

ダイエット成功への道 メニュー
ダイエットの基礎知識
基礎代謝アップでダイエット
食生活の改善でダイエット
セルライト除去でダイエット
ダイエット食品でダイエット
ダイエットグッズでダイエット

運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク