セルライトができる原因

セルライトが生じる原因は「脂肪細胞の損傷」です。
脂肪細胞がダメージを受けることによって、影響を受けた組織や細胞がセルライトを生じさせる原因となりますが、その主な理由は3つに大別されます。



セルライトはなぜできる?

セルライトができる原因はズバリ「血管」と「リンパ液」にあります。

体中に酸素や栄養素を届けてくれる血液ですが、この血液を送るための血管にトラブルが生じると体の組織が正常に働くことができなくなります。
酸素や栄養素を受け取ることができなかった脂肪細胞は代謝が乱れ、肥大化してしまいます。
これがセルライトです。

また、体中にめぐっているリンパ液もセルライトと大きなかかわりが。
リンパ液は組織の余分な水分、老廃物などを排泄してくれますが、このリンパ液を運ぶリンパ管はとても繊細でちょっとした力ですぐに損傷を受けてしまいます。
損傷をうけたリンパ管のリンパ液は滞り、リンパ液の中に多く含まれているタンパク質が分離しドロドロの状態になってしまい、セルライト生成を促進することになるのです。

 

 

ダイエットにはハーブティー
ダイエットには、食事・運動・ハーブティー!


ダイエット成功への道 メニュー
ダイエットの基礎知識
基礎代謝アップでダイエット
食生活の改善でダイエット
セルライト除去でダイエット
ダイエット食品でダイエット
ダイエットグッズでダイエット

運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク